手術NK細胞療法は非常に効果的な治療方法と言えますが、これまで一般的に行われてきた抗がん剤投与による治療や、手術による治療、また放射線による治療と言った治療方法と組み合わせることによってより一層高い効果が期待できます。これまでの治療方法では患者の体力を大きく奪い、副作用も強いものでしたが、治療の前後にNK細胞療法を組み入れることによって、体力が減少するのを最小限にとどめることはでき、なおかつがん細胞の増殖を皿に防ぐことができるため、効果的な治療ができるとされているのです。

そのためこのような他の治療と組み合わせる場合、増殖させたNK細胞をどのタイミングで体内に入れるかといった点も非常に重要となります。増殖までには2週間ほどのプロセスが発生するため、利用する際には血液の最終のことも考え前もって計画しておくことが必要でしょう。しかしながら体本来がもともともつこうした細胞を増殖させ、本来の機能を回復させるという治療方法は、長期的な目で見ても体にとっては大きなメリットが期待できます。これからますますその可能性が研究され、がん治療においてはこれまでの方法に加えた代表的な治療方法として確立されていくでしょう。

次ページ→まずは予防と早期発見