NK細胞療法とは近年のがん治療において特に注目されている治療方法の一つです。これまでのがん治療は放射線による治療や抗がん剤の投与または外科的な手術と言った治療法が主流となってきました。一定の効果は期待できるものの、体に対して大きな負担を強いる方法であるため、場合によってはがん細胞だけでなく体そのものの体力もうまい結果的に死期を近づけてしまうという危険性もありました。それを中でNK細胞療法は副作用がほとんどと言ってない治療法として知られています。

がん細胞そもそもNK細胞とは体の中に初めから存在している細胞で、がん細胞などの有害な細胞を発見次第すぐに攻撃し消滅させる役割を果たしています。しかしながら年齢が上がるにつれてこの細胞が徐々に減少してしまうため、がん発症のリスクが高くなるというわけです。そこで血液を採取し特殊な方法によってNK細胞を活性化し増殖させ、それを再び体内に入れることによって、体そのものの免疫能力を向上させることが期待されているのです。この方法を用いることによって、身体全体の免疫力が上がるため、がんが進行するのを防止したり、新たながんを発症しないように防ぐことが期待されていたりします。しかしながらこの治療法は保険適用外となるため、まだまだ治療が一般的に行える段階とは言えません。ある程度の効果を期待する場合最低でも100万円以上の費用はかかりますので、どのタイミングで行うかなど入念に相談すると良いでしょう。そこでさまざまながん治療に役立つ情報をご紹介します。

次ページ→他の治療法との併用